> |工藤晴也壁画造形|モザイク|工藤晴也|東京藝術大学|: モザイクの歴史

モザイクの歴史

 
 

(1)古代都市文明とギリシャ・ローマモザイク

 
 

モザイクはメソポタミア古代都市文明の遺跡から発見されている。現存する最古のモザイクは、シュメール人が築いたといわれる都市国家ウルク遺跡(紀元前4300年~3100年頃)から発掘された建造物の円柱表面を装飾するモザイクである。 ピースに円錐形のテラコッタを使用していることから、通称コーンモザイクと呼ばれるもので、彩色された円錐形の底面を表向きに モルタル上に差込み規則的なパターンに並べることで連続文様を作りあげる。同じくメソポタミアの都市国家ウルの王墓(紀元前2500年頃)から発見されたウルのスタンダードと呼ばれる衝立状のモザイクは、現在大英博物館に収蔵される。ラピスラズリを背景に真珠母貝の薄板で人物や動物を型取り、画面の縁取りを石灰石で装飾した象嵌モザイクで、戦争と平和を題材とした図像が描かれている。これらの遺物から、古代都市文明においてモザイクは建造物の装飾的要素として、またはモニュメント的な造形物として都市の中に存在していたと思われる。ヘレニズム文明の頃、モザイクは技術と表現力が洗練する。マケドニアのペラで発見されたアレクサンダー大王のライオン狩りと名づけられたモザイクは、紀元前4世紀に作られた舗床モザイクである。天然の玉石を巧みに利用し、抑制された色彩とエレガントな姿態の美しい作品である。紀元前2世紀頃には様々な色彩の大理石を刃のついたハンマーと専用の割台で割り、サイコロ状に加工したテッセラと呼ばれる材料でモザイクを作る技術がギリシャから小アジア、北アフリカ一体に広まる。テッセラの発明により色彩の選択肢が広がり、色彩の混色や明暗法等、複雑で細密な表現が可能となった。さらにテッセラという基本形が確立したことによって分業化が進み集団による作業も容易になった。このように紀元前2世紀頃には現代につながるモザイクのスタイルは確立されていた。その後、ローマ帝国が地中海沿岸からほぼ全ヨーロッパを征服するに至り、モザイクは小アジアや北アフリカからイタリア半島へ広まり、さらにヨーロッパ各地へと伝播していった。材料は、大理石、花崗岩等の石材が中心であるが、彩度の高い色彩には、ごく限られた範囲でズマルト(モザイク用に製造された色ガラス)を使用した作品もある。これは当時、ズマルトが大変貴重で高価なものであったことを裏付けるものであり、富裕層の邸宅の床や円柱、噴水のモザイクに多くみることができる。

 
 
 

(2)ビザンティンモザイク

 
 

4~6世紀にかけてキリスト教の広まりとともに、教会堂、洗礼堂、廟堂が建てられるようになるとキリスト教を主題とするモザイクが作られるようになる。4世紀前半のモザイクは、材料、表現ともにローマ時代のスタイルを踏襲するものであったが、しだいにローマ時代とは異なる独自の表現スタイルを確立していく。その特質は、床から壁(壁画)へと表現の舞台が変わった点と大理石からズマルトや金(金箔をガラス板に挟み融着させたもの)が材料の主流になった点である。自由な色彩を選択できるズマルトは、聖書の世界をより精巧にまたドラマチックに描写することを可能にした。急激ともいえるキリスト教の広まりの背景には、ゲルマン諸族の侵入に対応するためのローマ帝国の国策があった。皇帝自らが深くキリスト教を信仰した。大規模な教会堂や洗礼堂を建立し、キリスト教の布教によって異民族を統治することで混乱を抑えようとしたのである。それには神の世界を抽象的なものではなく現世に置き換えて表現する必要があった。ラヴェンナに代表される5~6世紀のモザイクの特徴は、ローマスタイルの踏襲と自然主義的な描写、それにコンスタンティノープルのスタイル(オリエントの装飾)が混在する点である。この時期のモザイクを正しくは初期キリスト教モザイクと称し、ビザンティンモザイクとは区別して扱うが、5~6世紀から12~13世紀までの教会堂内外の施設を飾ったモザイクを総称してビザンティンモザイクと呼ぶのが一般的である。この呼称は、東ローマ帝国(後のビザンティン帝国)で作られていたスタイルに強い影響を受けていることに由来する。西ローマ帝国滅亡後約1000年続いた東ローマ帝国は、しだいにギリシャ化し、ビザンティン帝国とよばれるようになるが、ギリシャ正教総本山アヤ・ソフィア寺院を中心に絢爛豪華なキリスト教美術が開花する。 ビザンティンモザイクは、金箔ガラスの光の反射を表現に応用する等新しい表現を生み出したが、厳格な宗教上のルールによって表現の自由さを欠き、図像は様式化していった。 しかし、その一方で12~13世紀にはアヤ・ソフィア寺院に残るキリスト像(デーシス、Deesis)のように一見するとアフレスコと見紛うほどに洗練された極めて優れた描写性を示す作品も作られる。これらは当時のモザイク作家の能力の高さを物語るものであるが、726年~787年/815年~843年の二度にわたるイコノクラスムによってモザイクの制作が禁止され、歴史的モザイクが破壊されるという時代を経験したにもかかわらず優れた表現能力とローマ時代とほとんど変わらない制作技法が1000年もの間受け継がれてきたことは驚きに値する。

 
 
 

(3)その後のモザイク

 
 

14~16世紀にイタリアルネッサンス、北方ルネッサンスが起こりアフレスコの大壁画や油絵が絵画の中心を担うようになり、モザイクは衰退の一途をたどる。同時期にビザンティン帝国が滅亡したこともそれに拍車をかける出来事であった。この時代以降、モザイクはその堅牢な特質から油絵の模写作品として利用されたり油絵を真似るような様式的表現が目立つようになる。職人的技巧に傾倒し、その精巧な技術に反比例するようにモザイクの持つ魅力は失われていった。再び人々に受け入れられるのは、モザイクの歴史上ではリバティー期と呼ばれる19世紀末~20世紀初頭のアール・ヌーボーの時代以降に作られた作品である。アーツ・アンド・クラフツ運動に端を発する総合主義芸術アール・ヌーボーは、絵画、彫刻に限らず建築や家具、日常の小物、服飾等を対象に産業革命以前の職人の優れた技術に基づく手工業的価値観を尊重しながら伝統的な要素を取り入れる新しい表現スタイルを求める芸術運動であった。装飾的要素を重視し、当時は過去の遺物としかみられなかったモザイクを建築や家具に積極的に採用した。その後、アール・デコ建築では重要な役割を果たし、モダニズム建築ではネオ・クラシックの表現として受け継がれ、建築要素としての本来の姿を取り戻した。更に20世紀後半、ポスト・モダニズムの流れの中で、高度に発達した機械文明とコスト削 減に伴う大量生産による画一化を批判する思考とともに、都市空間と芸術の関係が見直され、環境美術という新たなうねりの中で、建築物、公園、モニュメント等様々な場所にモザイクは制作されている。

 
 
 

モザイク表現の種類

 
 

はじめに

 
 

モザイクとは石材やタイル、色ガラスを必要な形にハンマーで割り、セメントモルタルまたは接着剤で支持体に固着して表現する絵画技法の一つである。歴史的には貝殻や金属も用いられる。セメントが工業生産される以前 は石灰モルタルやポゾランセメント( ローマ時代に使われていた火山灰の一種: ポッツォラーナ) が使われていた。モザイク(MOSAIC)の名称はギリシャ語のムーサイ(MUSAI:ギリシャ神話に登場する音楽や詩を司るニンフの意)に由来する。 モザイクの学術名称はOPUS MUSIVUM(オプス ムジヴム:ラテン語)と表記する。

モザイク表現には、テッセラの大きさや制作法の違いにより、10数種類の様式があるが、代表的な様式として次の例をあげることができる。

 

モザイク表現の名称は全てラテン語で表記される。

(1)舗床モザイク
① OPUS LAPILLI(オプス ラピッリ)玉石モザイク
② OPUS TESSELLATUM(オプス テッセッラトゥム)テッセラモザイク
③ OPUS SECTILE(オプス セクティーレ)象嵌モザイク
④ OPUS SIGNINUM(オプス シンニヌム)モルタルを主体とするモザイク

 

(2)モザイク壁画
⑤ MUSIVARIUS(ムジヴァリウス)壁面に制作したモザイク

 

* 四角に割ったモザイクの1ピースのことをテッセラ(TESSERA)と呼ぶ。

テッセラ

テッセラ
 
 

目地について

 
 

テッセラを並べることによってできる線(隙間)を目地と呼ぶ。
モザイクにおいて目地は描画における線描と同じ意味を持ち、極めて重要な表現要素である。
(1)線の流れ(2)目地の幅(3)目地の深さ(4)色彩(モルタルの色)

 
 

目地表現の種類

 

① 馬(うま)・千鳥目地 : 煉瓦積みのように互い違いにテッセラを並べる。
② 芋(いも)・通し目地 : タイル貼りのように碁盤の目状にテッセラを並べる。
③ 方形乱貼り : 大小様々のテッセラを交互に並べる。
④ 乱貼り : 不定形のテッセラを不規則に並べる。

 

 

コッチョペースト(Cocciopesto)

 
 

コッチョペーストとは、石灰1に対し3~5(体積比)の、こぶし大から粉末まで大小様々の煉瓦片を混ぜ合わせて打ち固めたモルタルのことである。ローマ時代のモザイクの土台のほとんどはこのモルタルでできている。コッチョペーストを床の仕上げ面に使う場合、煉瓦片は最大でも親指大まで細かく砕いたものを使用する。モルタルを土台から5~8cmの厚さに均一に塗りハンマーで全体を打ち固めた後、その中に白色または黒色の大理石テッセラを埋め込み単純な幾何学文様を施す。モルタル硬化後、表面を研削・研磨し完成する。このモザイクのスタイルをオプス シンニヌム(Opus Signinum:ラテン語、シーニャのモルタルの意)と呼ぶ。Opusはイタリア語のOpera:仕事、作品の意であり、各種のモザイク技法を示す呼称として用いられる。Signinumはシーニャ(Signa:ラツィオ州にある古代ローマ都市の名)に由来するが、なぜシーニャの地名がこの技法を指すようになったのかは不明。

 
 
 

ポッツォラーナ(Pozzolana)

 
 

ポッツォラーナ(Pozzolana)

 

堆積火山灰、又は凝灰岩を粉末状にしたもの。淡黄色、淡緑色、淡紅色等の色彩を有す。天然に産し、石灰に混ぜることにより石灰モルタルの硬化を早め強度を増す。化学組成は煉瓦と共通する成分を含み、コッチョペーストに用いる煉瓦片と同様に石灰モルタルの骨材の役割を果たすが、ポッツォラーナ固有の化学成分によりセメントのような水硬性石灰モルタルの特性を持つ。ローマ時代、土木工事やモザイクの制作に広く用いられた。 *写真参照(原産国:イタリア)

 
 
 

モザイクに使用する石材の種類

 

・ 大理石(Marble)CaCo3 石灰石の変成岩、結晶質岩石、豊富な色彩
・ 花崗岩(御影石)(Granite)深成岩、石英、長石、雲母等が主成分
・ オニックス(Onyx)沈殿により縞状の構造を持つ半透明の石灰石
・ 砂岩(Sandstone)堆積岩、砂が水中で沈殿、固結したもの
・ 蛇紋石(Serpentine)ケイ酸塩鉱物、磨くと蛇柄状の模様を呈する。
・ ドロマイト(Dolomite)CaMg(Co3)2 苦灰石ともいう。石灰石に似ている。

 
 

石材の加工

 

・ 割る:モザイク専用のハンマーと割り台を使用
・ 切る:石材用丸鋸を使用
・ 磨く:砥石、サンドペーパー、ポリッシングマシンを使用

 
 
 

ズマルト(Smalto)

 
 

ズマルト(Smalto)

 

ズマルトはモザイク用に製造した不透明、透明の色ガラスの総称。透明ガラスは硅石、石英等を主原材料に炭酸カリウム、鉛丹、炭酸カルシウム等を溶融することによって作られ、主成分によってケイ酸ソーダガラス、炭酸ソーダガラス等と呼ばれる。そのガラスをベースに色素となる鉱物を加え、600度~1200度の温度で溶融し、各種の色付けを行う。白色:アンチモン、黄色:鉛、錫、青色:銅、緑色:銅、鉄、鉛、錫、赤色~褐色:銅、鉛、鉄、等が使用される。5世紀の淡紅色のズマルトには煉瓦の粉を着色顔料として使用した例もある。
*写真参照

logo
展覧会・シンポジウム報告
モザイクの真実
副題:世界遺産ガッラ・プラチディア廟モザイクの保存と修復
 
サンプル
作品

top page